メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者のきもち

ベビーシッター事件 /神奈川

 「二度と繰り返さないため、どうか専門家を紹介してください」。7月に横浜地裁であった幼児への殺害や強制わいせつなどの事件の裁判で、被告のベビーシッターの男は最終意見陳述をこう結んだ。多数の幼児への性的虐待は、かつて男が受けた性暴力のトラウマによるもの、というのが男の主張だった。法廷では「昔から誰かに相談したり、治療を受けたりしたかった」と訴えた。

 検察側が主張するわいせつ目的も小児性愛も、被告は否定していたが、判決では被告の言い分は認められなか…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文492文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卑わいな言動容疑 「5年前から盗撮やのぞきを300回」
  2. 千葉の路上 男性、背中刺される 通り魔か 容疑者は逃走
  3. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/4 「少し変な話」は大事なサイン
  4. 障害者施設 元職員の女性「虐待告発したら報復でうつ病」
  5. 仮想通貨 流出ネム580億円、資金洗浄完了か 専門家

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]