メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者のきもち

ベビーシッター事件 /神奈川

 「二度と繰り返さないため、どうか専門家を紹介してください」。7月に横浜地裁であった幼児への殺害や強制わいせつなどの事件の裁判で、被告のベビーシッターの男は最終意見陳述をこう結んだ。多数の幼児への性的虐待は、かつて男が受けた性暴力のトラウマによるもの、というのが男の主張だった。法廷では「昔から誰かに相談したり、治療を受けたりしたかった」と訴えた。

 検察側が主張するわいせつ目的も小児性愛も、被告は否定していたが、判決では被告の言い分は認められなか…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文492文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  5. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]