メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「子ども手当を防衛費に」11年稲田氏発言批判

参院予算委で質問する民進党の蓮舫代表=国会内で2016年10月5日午前9時1分、川田雅浩撮影

 民進党の蓮舫代表は5日の参院予算委員会で、稲田朋美防衛相が2011年3月の雑誌の対談で「(旧民主党政権の)子ども手当を防衛費にそっくり回せば軍事費の国際水準に近づく」などと防衛費拡大を求めた発言を挙げ、批判した。

     稲田氏は「当時の民主党政権の安全保障・防衛に大変危機感を持ち指摘した」と説明したが、蓮舫氏は「政権が変われば野党時代に言ったことは関係ないのか」と追及した。

     また、稲田氏が同じ雑誌で日本独自の核保有を「国家戦略として検討すべきだ」と発言したことも挙げ「今は非核三原則を守ると言ったが、なぜ変わったのか」とただした。稲田氏が「当時の日米同盟はガタガタだったが、安倍政権になってかつてないほど強固になった。核なき世界を実現するため全力を尽くす」と述べると、蓮舫氏は「気持ちいいぐらいの変節だ」と批判し、発言撤回を求めた。【葛西大博】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 特別防衛監察 「潔さがない」稲田氏に防衛省内部の声
    2. 稲田防衛相辞任へ 自民から厳しい声 国民の命預けられぬ
    3. 日報非公表 稲田氏、関与は否定 特別防衛監察結果を公表
    4. 揺らぐ「1強」 /6 野田聖子・元自民党総務会長 党がモノ言う責任
    5. 朝鮮学校 無償化は義務、国の処分取り消し 大阪地裁判決

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]