メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対決よりは協調 一般質問、小池知事の独壇場

東京都議会の一般質問に笑顔で臨む小池百合子知事=東京都新宿区で2016年10月5日、宮武祐希撮影

 5日行われた東京都議会本会議の一般質問では、小池百合子都知事の進める「無電柱化」「環境問題」などを取り上げる質問が相次いだ。議会と知事の「協調」を印象づけるようだった。

     都議会自民党の小宮安里議員は、小池知事が都知事選の際から訴えてきた東京の無電柱化について「今後、いかに進めるのか」と質問した。小池知事は「防災の観点から必要性を痛感してきた。安全で快適な歩行空間、美しい街並みの形成を進めていく」と語った。

     都議会公明党の加藤雅之議員は環境対策として「水素社会の実現」に関する質問をした。小池知事は「環境先進都市・東京を実現していくには、利用段階でCO2(二酸化炭素)を発生しない水素エネルギーの活用を進めることが重要だ」と答えた。

     このほか環境対策に絡む「エコドライブの普及」や、今定例会に補正予算案が提出されている「待機児童解消に向けた取り組み」の質問もあった。

     一方で自民の河野雄紀議員は「行政の連続性」をただした。小池知事は「連続性も大切だが、漫然と政策を継続するようなことがあってはならない。守るべきものは断固として守り、変えるべきものは大胆に変えていく」と述べた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 揺らぐ「1強」 /6 野田聖子・元自民党総務会長 党がモノ言う責任
    2. 稲田氏辞任 小池都知事「スピード感なかった」
    3. 特別防衛監察 「潔さがない」稲田氏に防衛省内部の声
    4. 朝鮮学校無償化 「母校が認められた」全面勝訴に大歓声
    5. PKO日報 特別防衛監察の結果・概要

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]