メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連載小説 ストロベリーライフ

/4 父親は見飽きた故郷の山 作・荻原浩 題字・画、佃二葉

=画、佃二葉

 新幹線がトンネルに入ると、家並みも山並みも近づいてきた富士山も、なにもかもが消えた。

 親父が死ぬ?

 まさかな。

 考えたこともなかった。

 二年前の正月に、ひとことも言葉を交わさないまま実家を後にした時には、もう二度と顔を見なくたって構わない、本気でそう思っていた。それでも、だ。

 頭が鏡開きの餅みたいに古くて固くておそらくうっすらカビが生えている、思春期の頃から三十半ばをすぎたいまに至るまで恵介(けいすけ)にとっては終始一貫、理解し合えない人、面倒くさい人だった。東京の友人知人にはできれば会わせたくない、典型的な田舎のオヤジ。

 代理店時代、携帯電話会社の家族割引サービスの広告をつくったことがある。八ケ岳までロケに行き、古民家…

この記事は有料記事です。

残り2634文字(全文2950文字)

荻原浩

さいたま市出身。成城大卒。1997年「オロロ畑でつかまえて」で小説すばる新人賞を受賞してデビュー。「海の見える理髪店」で第155回直木賞受賞。東京都在住。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広
  2. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  3. 高層ビルで「湯ったり」 若い女性をメインターゲット
  4. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  5. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです