メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

重機が入って遊具解体の準備作業が始まったドリームランド跡地=奈良市法蓮佐保山1丁目で、和田明美撮影

 奈良市法蓮佐保山の遊園地「奈良ドリームランド」跡地を所有する不動産会社「SKハウジング」(本社・大阪市)が、跡地約29・8ヘクタールにある遊具や建物の解体作業を始めた。週明けの11日から本格的な工事に入る。工期は約1年2カ月の予定。

 遊園地は2006年に閉園し、市税滞納で市が13年に差し押さえた。…

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文357文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  4. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです