メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震・ふるさとよ

第4部/3 沈む心、引き戻さねば

「震災の年にとれた米をみんなに食べてもらいたいけん」と笑顔で語る宮永さん=熊本県益城町で、福岡賢正撮影

 熊本地震のショックで心身に不調をきたした熊本県益城(ましき)町下原の加藤重美さん(80)は、避難先の町公民館飯野分館で徐々に元気を取り戻し、9月末に仮設住宅へ移ることができた。避難所のリーダー的存在だった宮永和典さん(65)がその理由を説明する。

 「避難所じゃみんな『じいちゃん、じいちゃん』と声かけて、とごやかすわけですよ。そうすっと全然怒りもせんでニコニコしとんなったですもんね。口では強がっとらすばってん、内面は違う。寂しがり屋なんですよ」

 とごやかすとは「親愛の情を込めてからかう」という意味の熊本弁。自分と同じ被災した人たちから温かい関…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  2. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  3. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い
  4. 青森市議「盗聴」疑惑で辞職勧告 控室にスマホ置き無断で録音
  5. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです