メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震・ふるさとよ

第4部/3 沈む心、引き戻さねば

「震災の年にとれた米をみんなに食べてもらいたいけん」と笑顔で語る宮永さん=熊本県益城町で、福岡賢正撮影

 熊本地震のショックで心身に不調をきたした熊本県益城(ましき)町下原の加藤重美さん(80)は、避難先の町公民館飯野分館で徐々に元気を取り戻し、9月末に仮設住宅へ移ることができた。避難所のリーダー的存在だった宮永和典さん(65)がその理由を説明する。

 「避難所じゃみんな『じいちゃん、じいちゃん』と声かけて、とごやかすわけですよ。そうすっと全然怒りもせんでニコニコしとんなったですもんね。口では強がっとらすばってん、内面は違う。寂しがり屋なんですよ」

 とごやかすとは「親愛の情を込めてからかう」という意味の熊本弁。自分と同じ被災した人たちから温かい関…

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文804文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. センバツ「21世紀枠」候補9校を発表 釧路湖陵、八尾など

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです