メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビプラス

クラシックやジャズ 音楽週間、東京で15日まで

1日にあったウィーン・フィル「ライブ・ビューイング」を楽しむ人々

 東京都港区赤坂や六本木の街中でクラシックやジャズを楽しむ「アークヒルズ音楽週間2016」が15日まで開かれている。中高生から世界で活躍する演奏家まで多彩な顔ぶれが出演し、多くは無料。主催する森ビルの田中巌さんは「音楽を旗印に地域をつなぎ、音楽を通じて街に愛着を持ってほしい」と話す。

     この地区には、30年前に都内初のコンサート専用ホールとして開館したサントリーホールがあり、音楽週間は同ホールと森ビルが2011年に始めた。広報の竹本彩さんは「近年は専用ホールも増え、昼間の演奏会など多様な催しでファンの裾野は広がりつつある」と話す。

     六本木アークヒルズ内「アーク・カラヤン広場」では、8日午後1時は在日米陸軍の軍楽隊らによるジャズが披露される。9日のミュージック・マルシェは午前11時から午後5時、バイオリン、ハープなど演奏会が開かれ、楽器体験もできる。15日のフィナーレ・コンサートには篠笛(しのぶえ)の佐藤和哉氏ら注目の若手4人が登場する。詳細はhttp://www.arkhills.com/common/pdf/ArkHillsMusicWeeks_2016.pdf。問い合わせは森ビル(03・6406・6663)。【榊真理子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
    2. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
    3. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
    4. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
    5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです