メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホロコースト展

命のビザや手記 10日まで 敦賀 /福井

ホロコーストの歴史を紹介するパネルに見入る人々=福井県敦賀市桜町の敦賀きらめきみなと館で、近藤諭撮影

 ナチス・ドイツによるユダヤ人虐殺の歴史を振り返る「勇気の証言−ホロコースト展−」(同展実行委主催)が敦賀市桜町の敦賀きらめきみなと館で開かれている。リトアニアの在カウナス領事代理だった杉原千畝(1900〜86年)が発給した“命のビザ”(複製)などの資料25点とパネルでホロコーストの実態に迫っている。10日まで。

 杉原直筆の手記(複製)には、政府の命令に背いてユダヤ人を救うべきか悩んだ末、「人道・博愛精神第一と…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文411文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム真理教 「こんなことになるとは」 井上元死刑囚、執行直前
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
  4. あおり運転 堺の大学生死亡、追突の運転手を殺人罪で起訴
  5. 時の足音 オウム処刑と天皇制

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]