メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カジノ法案の審議入り容認

 公明党の井上義久幹事長は7日の記者会見で、「統合型リゾート(IR)整備推進法案」(カジノ法案)について「議員立法は審議するのが基本だ」と述べ、今国会での審議入りを容認する姿勢を示した。カジノ法案は自民党などが昨年の通常国会に提出したが、ギャンブル依存症を誘発することへの懸念が公明党内に根強く、審議が見送られていた。

 井上氏は「依存症や経済的効果、社会的意義をきちんと議論し、国民の理解を得る手続きが必要だ」と述べ、拙速に審議しないようクギも刺した。【高橋克哉】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 雑記帳 埼玉県宮代町の東武動物公園駅で19日…
  2. チビチリガマ荒らし 「歴史知らなかった」逮捕の少年
  3. 金正男殺害事件 オウム中川死刑囚がマレーシア政府に協力
  4. ニッポンへの発言 キーワード ヒトラーが復活する=中森明夫
  5. 衆院解散強まる 自己都合を優先

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]