メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公明党

カジノ法案の審議入り容認

 公明党の井上義久幹事長は7日の記者会見で、「統合型リゾート(IR)整備推進法案」(カジノ法案)について「議員立法は審議するのが基本だ」と述べ、今国会での審議入りを容認する姿勢を示した。カジノ法案は自民党などが昨年の通常国会に提出したが、ギャンブル依存症を誘発することへの懸念が公明党内に根強く、審議が見送られていた。

 井上氏は「依存症や経済的効果、社会的意義をきちんと議論し、国民の理解を得る手続きが必要だ」と述べ、拙速に審議しないようクギも刺した。【高橋克哉】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 五輪フィギュア 宮原4位、坂本5位 女子SP
  2. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間
  3. コンビニATM不正引き出し 男逮捕 18億円事件、神奈川の指示役 窃盗容疑
  4. 五輪フィギュア 宇野 真央さん導いた道、メダル目指して
  5. 五輪フィギュア 「夢はかなった」羽生が達成感示す 一夜明け会見の一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]