メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青年海外協力隊員

性同一性障害、初の公表

母校の北九州市立大で意気込みを語る永崎さん。通称名は「公のために志を持ちつつ、朗らかに生きる」決意を込めた=北九州市小倉南区で2016年9月28日、奥田伸一撮影

タイでエイズ感染者支援へ

 心と体の性別が一致しない性同一性障害(GID)の永崎公志朗さん(24)=鹿児島市=が来年1月、国際協力機構(JICA)青年海外協力隊の一員としてタイに赴任する。JICAによると、性的少数者と本人が公表した隊員の派遣は1965年の事業開始後初めて。今回の件を踏まえ、JICAは募集要項に性的少数者へ配慮することを新たに記した。永崎さんは「性的少数者が幅広く活動する契機になれば」と話している。【奥田伸一】

 永崎さんは女性として生まれたが、GIDに悩み、北九州市立大在学中から男性名を名乗っている。大学で国…

この記事は有料記事です。

残り849文字(全文1113文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  3. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです