メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

個人情報1466人分が流出

 関西学院大(兵庫県西宮市)は7日、インターネット上でIDなどを盗み取る「フィッシングサイト」に職員がアクセスしたことから、大学院理工学研究科の学生や卒業生ら計1466人分の氏名、生年月日、住所、電話番号などの個人情報が流出したと発表した。情報の悪用は確認されていないという。

     大学によると、複数の職員に8月下旬ごろ、大学関係者を装ってフィッシングサイトに誘導するメールが届き、職員3人がこのサイトにIDとパスワードを入力した。このうち、理工学部事務室の職員のIDが9月3日、何者かに不正利用された痕跡が確認された。大学側は兵庫県警に被害を相談している。

     伊藤正一副学長は「ご迷惑をかけ深くおわびする。個人情報の管理を徹底し、これまで以上に注意喚起を図る」とコメントを出した。【石川勝義】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪府警 ミナミで半グレ調査 みかじめ料、暴対法抜け穴
    2. 暴力団 金も人もなく節約しかねぇ 組事務所「シェア」増加
    3. チビチリガマ荒らし 「歴史知らなかった」逮捕の少年
    4. 北九州 1周年、増えた笑顔…暴力団事務所跡に洋菓子店
    5. 山口組分裂 1年 元組長語る 代紋「メシ食えぬ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]