メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐治博士のへえ〜そうなんだ!?

/106 「刷り込み」からの脱却 /愛知

真実に対峙して次元アップ?

 今から60年以上も昔、大学の数学科1年生の授業で初めて出合った基礎数学の教科書の裏表紙に「我々が見ているものは、真理の光に照らされた影に過ぎない。真理の光はまばゆく直接仰ぎ見るには苦痛を伴うが、求める努力さえあれば、美しい真理に触れることは可能である……」と書かれていたように記憶しています。今、思えば、ギリシャ時代の哲学者プラトンが「国家論」の中で述べている「洞窟の喩(たと)え」の意訳だったのかもしれません。数学の勉強であれ、お稽古(けいこ)ごとであれ、あるレベルに到達するには苦痛が伴うものであり、その克服の先に喜びがあるということなのでしょう。

 実は、私たちが日常、見聞きしている世界は無意識的な「刷り込み」による錯覚が多いといわれています。今…

この記事は有料記事です。

残り1151文字(全文1491文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 初公開 長男亡くした悲しみ 中原中也直筆の喪中はがき

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです