メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子ボクシング

好川菜々が王座獲得 フライ級

九回、李恩恵を攻める好川菜々(右)=堺市産業振興センターで2016年10月9日、森園道子撮影

 世界ボクシング機構(WBO)女子フライ級王座決定戦10回戦が9日、堺市産業振興センターであり、東洋太平洋女子ライトフライ級元王者の好川菜々(38)=堺東ミツキ=がWBO女子同級前王者の李恩恵(33)=韓国=を2−0(96−94、96−94、95−95)の判定で破り、2度目の世界挑戦で王座を獲得した。好川の戦績は7勝(4KO)1敗。国内女子の現役世界王者は8人に増えた。

 大阪府羽曳野市出身の好川は21歳でボクシングを始め、全日本女子大会で3階級を制覇。2008、12年…

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1228文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. なるほドリ 「あびき」って何? /長崎
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです