メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

だいあろ〜ぐ

東京彩人記 東京五輪へ普及目指す 江東区カヌー協会事務局長・小宮次夫さん(69) /東京

小宮次夫さん

 多くの日本代表選手が活躍したリオデジャネイロ五輪・パラリンピックが終わった。古くから水路が多く、東京湾に面した江東区では、2012年1月に設立した区カヌー協会の育成した瀬立モニカ選手(18)=筑波大=がパラリンピックに初出場を果たし、8位入賞した。地元開催でのメダリスト輩出を目指す同協会の事務局長、小宮次夫さん(69)にリオ大会を振り返ってもらい、東京大会に向けた抱負を聞いた。【柳澤一男】

 −−小宮さんが声をかけて競技を始めた瀬立選手がリオ大会で結果を残しました。

この記事は有料記事です。

残り1454文字(全文1689文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです