メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/23 元気が出なかったことありますか 絵本「カーくんと森のなかまたち」 /香川

絵本を読む夢ら丘実果さん=香川県三豊市の笠田小学校で、玉木達也撮影

 「ぼくはぼくでいることがつまらないの」

 自分に自信がなくなってしまったホシガラスのカーくん。しかし、森の仲間たちから、自分が知らない間に森に命を与えていることなどを教えてもらい、「ぼくはぼくでよかった」と自信を取り戻す。そして森に新しい一日が始まる。

 絵本「カーくんと森のなかまたち」(ワイズ・アウル)。絵本作家の夢(む)ら丘(おか)実果さんが絵を描き、吉沢誠さんが文を担当した。2007年9月に発行され多くの人に読まれている。

 私は出版される直前に夢ら丘さんに会った。この絵本への思いを聞いた時、「元気がない人に声をかけられる…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. あおり運転、殺意否認 地裁堺支部で初公判、「故意に衝突していない」
  4. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」
  5. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです