メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラーメン店

人の指先混入 静岡・幸楽苑が始末書

 ラーメン店チェーン「幸楽苑」(本社・福島県郡山市)の静岡市清水区の店舗で提供されたラーメンに、人の親指の一部が混入していたことが分かった。パート従業員が調理中に過って指を切ったといい、同社は同市保健所に始末書を提出した。

 市保健所や同社によると、静岡清水インター店で9月10日正午ごろ、子連れの女性客が、子どもが食べていたラーメンに人の指のような異物が入っているのに気付き、店に伝えた。

 異物は爪がついた左手親指の先端部分で、長さ7〜8ミリ、幅約1センチ。2日前の9月8日、同店の女性従業員が電動スライサーでチャーシューをスライスしていた際に切ったが、指先はその場で見つからなかった。そのままチャーシューの容器に入ったとみられる。

 同社は「今後、再発防止を図っていく」としている。【井上知大】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  2. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  3. 子育て世帯 平均年収683万円 5年前より86万円増
  4. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」
  5. 名人戦 佐藤が3連覇 4勝2敗で羽生降す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]