メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪万博

「カンボジア館」存続 神戸の自治会が改修へ

三角屋根の集会所で卓球を楽しむ地域住民=神戸市北区で、矢澤秀範撮影

 1970年にあった大阪万博のパビリオンで使用後、神戸市に移設され集会所として使われている「カンボジア館」が、取り壊しの危機を乗り越えて存続することが決まった。国内移設されたパビリオン施設は国内で2カ所しかなく、老朽化が進んでいるが住民らはカンボジア大使館などの要望を受けて後世に残すことにした。11月には同国の関係者を招いた「文化祭」を開く予定で、万博の熱気を引き継ぐ。

 カンボジア館は三角形の大きな黄色い屋根が特徴で、住宅開発業者が71年に入手した。神戸市北区広陵町に…

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文914文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. 2件の殺人「告白」の死刑囚に無罪判決 東京地裁「告白内容は信用できない」 
  3. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  4. 京都・祇園 愛される芸妓へ一歩 「襟替え」
  5. F35戦闘機、105機購入へ うち42機は「空母」向けのF35B

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです