メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋連盟

追加調査せず 三浦九段不正疑い

 将棋棋士の三浦弘行九段(42)が対局中に将棋ソフトを使用した疑惑が浮上し、出場停止処分になった問題で、日本将棋連盟は13日、三浦九段に対する追加調査の考えはないことを明らかにした。

     会見した島朗(あきら)常務理事は、三浦九段に対する調査の要望は5人前後の棋士からあったと説明。「聴取はすでに尽くしており、聞き取り調査を今後行う予定はない」と述べた。また他の棋士に関する調査の予定もないとした。

     三浦九段は「不正な行為は行っていない。今後のことは弁護士と相談する」としている。【山村英樹】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. シングルマザー 3人に1人「クリスマスなければいい」
    2. 福井県警 女子中学生誘拐容疑で愛知の27歳無職男逮捕
    3. 骨折 自分の骨で固定し治療 手術中ねじに加工 島根大
    4. JR東海 名古屋駅在来線2番線ホームを一時使用停止
    5. 世界の雑記帳 「サンタは僕の悩みを知らない」、6歳の米少年の手紙が話題に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]