メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小国杉アロマ拡散器

北九州高専が開発 産学官連携協定「第1号」 熊本地震被災者の心を癒やしたい 病院導入へ /福岡

 北九州高専(小倉南区)や北九州市の企業が、熊本地震で被災した熊本県小国町特産の「小国杉」のアロマを使った「アロマディフューザー(拡散器)」を開発した。人の表情を読み取り、ストレスの度合いに応じてリラックス効果のあるアロマを噴霧する装置で、19日に小国公立病院に導入される。市と高専が3月に締結した産学官連携協定に基づき開発された「第1号」製品で、被災地支援の狙いもある。【比嘉洋】

 高さ15・5センチの円筒形のディフューザーは、最大35人分の大まかな年齢や性別、表情を同時に識別す…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文724文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  2. ORICON NEWS 博多華丸・大吉、芸歴28年で初ANN 念願成就に喜び「まさか現実になるなんて…」
  3. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  4. ORICON NEWS DJイベントが銭湯救う?  “ダンス風呂屋”にかける担い手たちの思い
  5. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです