メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元慰安婦29人が現金支給受け取り表明

合意時点で生存46人のうち 来週から支給開始方針

 【ソウル大貫智子】昨年12月の慰安婦問題に関する日韓両政府合意に基づき、韓国政府が設立した元慰安婦支援の「和解・癒やし財団」は14日、合意時点で生存していた元慰安婦46人のうち、29人が現金支給を受け取る意思を示したと発表した。元慰安婦側から申請書を受け取っており、来週から支給を始める方針。

     財団によると、46人のうち面会できた29人は全員受け取りを表明した。他に面会拒否した人12人などがいる。

     日本政府は日韓合意に基づき今年8月、10億円を財団に拠出。このうち、合意時点で生存していた46人には1人あたり約1億ウォン(約920万円)が支給される。使途は元慰安婦の個々の要望に応じ、医療費や奨学金などにあてられる見込み。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新国立 現場監督、過労自殺か 残業月200時間近く
    2. 京都府警 事件逮捕の男性妻と関係 巡査部長が本部長訓戒
    3. クローズアップ2017 PKO日報 稲田氏疑惑、政権苦境に
    4. 首相発言 「こんな人たち」民心離れ 支持率低下の決定打
    5. 松山空港 「みかん蛇口」お目見え 旬のかんきつ類使い

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]