メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンセン病家族訴訟

国、請求棄却求める 熊本地裁

初弁論を前に門前集会で意気込みを語る原告と弁護団=熊本市中央区の熊本地裁前で2016年10月14日午後1時4分、柿崎誠撮影

第1回口頭弁論

 国のハンセン病患者隔離政策で差別被害を受けたとして、元患者家族が国を相手取って1人当たり500万円の損害賠償と謝罪広告を求めた訴訟の第1回口頭弁論が14日、熊本地裁(遠藤浩太郎裁判長)であった。国側は「隔離政策は元患者への差別や偏見を助長したが、それが家族にまで及んだとする点は否認する」と請求棄却を求めた。原告弁護団は家族被害を否認する判断基準を示すよう求めたが、国は「書面で回答する」と述べた。

 意見陳述で、原告弁護団の徳田靖之共同代表は「どれだけ多くの元患者家族が声を潜めたまま苦難の人生を歩…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 「呪」「死ね」 警察幹部の報道用写真に加工 岐阜県警警部補を懲戒処分
  4. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  5. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです