メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の見方

アイヌ地位向上の好機 ウルリッヒ・デリウス ドイツの人権擁護団体「脅かされた人々のための協会」アジア担当

 ドイツで日本の先住民族アイヌの遺骨が収蔵されていることは、人間の尊厳という点で大きな問題だ。遺骨は速やかに返還されるべきだ。一方で、遺骨問題の解決で、アイヌに関する全問題が解消するわけではない。返還問題で高まる国際的な関心を、日本で暮らすアイヌの人たちの生活改善や、社会での機会均等の進展につなげるべきだ。

 私はドイツの人権擁護団体で長年、先住民の遺骨返還問題にも関わってきた。我々は「同意なく持ち去られた…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文954文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. 福岡4人水死 「離岸流」原因か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです