メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の見方

アイヌ地位向上の好機 ウルリッヒ・デリウス ドイツの人権擁護団体「脅かされた人々のための協会」アジア担当

 ドイツで日本の先住民族アイヌの遺骨が収蔵されていることは、人間の尊厳という点で大きな問題だ。遺骨は速やかに返還されるべきだ。一方で、遺骨問題の解決で、アイヌに関する全問題が解消するわけではない。返還問題で高まる国際的な関心を、日本で暮らすアイヌの人たちの生活改善や、社会での機会均等の進展につなげるべきだ。

 私はドイツの人権擁護団体で長年、先住民の遺骨返還問題にも関わってきた。我々は「同意なく持ち去られた…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文954文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  2. 台湾特急脱線 「自動制御保護システム切った」と運転士
  3. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです