メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『サピエンス全史 上・下』=ユヴァル・ノア・ハラリ著

 (河出書房新社・各2052円)

人類は自らの真の姿を見抜けるか

 一九六九年、アームストロング宇宙飛行士たちは月面探検の前にアメリカ西部の砂漠で訓練された。近隣に住むアメリカ先住民部族の老人は彼らが月面探検の旅に出ることを知ると、月に棲(す)む聖霊にぜひとも大切なメッセージを伝えてもらいたいと願い出た。部族の言葉をいくども繰り返し、宇宙飛行士たちに正確に暗記させたという。彼らは基地に戻ると、先住民の意味不明な言葉を理解する人を探し出し、メッセージの訳を頼んだ。訳者は腹をかかえて笑い出し、「この者たちの言うことは一言も信じてはいけません。あなた方の土地を盗むためにやって来たのです」と口にした。

 人類らしきものにも異なる人類種が生まれ、やがてユーラシア西部にはネアンデルタール人が姿を現し、二〇…

この記事は有料記事です。

残り1715文字(全文2063文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです