メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

服部龍二・中央大教授 功罪両面、客観的に描く 評伝「田中角栄」を刊行

=内藤絵美撮影

 1972〜74年に首相を務め、戦後政治に際立った軌跡を残した田中角栄(18〜93年)が今、ブームとなっている。その中で、日本政治外交史の専門家である服部龍二・中央大教授が評伝『田中角栄−−昭和の光と闇』(講談社現代新書)を刊行した。近年公開された外交史料などを駆使し、功罪両面を客観的に描いた。執筆の狙いや、異色の宰相が注目される背景について聞いた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め
  5. レーダー照射音公開へ、韓国側けん制「不正確な内容」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです