メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気持ちがふさいだ人、不安を抱える人を…

 気持ちがふさいだ人、不安を抱える人を笑顔にさせる食べ物がある。おにぎりだ。おいしいだけではない。地震の被災地で台風や大雨の時の避難所で、炊き出しのおにぎりが人々を元気づけてきた▲不思議な力を宿すおにぎりを、途上国の支援にむすびつける活動が始まった。「日本の食で世界を変えたい」との願いを込めた「おにぎりアクション」である。おにぎりが写った写真を1枚、インターネットで投稿する。だれでも、世界のどこからでも無料だ▲すると、現地での5食分の学校給食をまかなえる100円を、ますやみそ(広島県呉市)や伊藤園などの協賛企業が寄付してくれる。呼びかけは「テーブル・フォー・ツー」(二人の食卓)。日本で生まれた国際貢献の団体である▲各地の社員食堂などに寄付金付きメニューの導入を働きかけ、アフリカやアジアでの給食支援を続けてきた。学校給食は飢餓解消だけでなく、子どもが学校に通うきっかけを生む。約8年間で約4200万食を届けた。今回は、国連の「世界食料デー月間」にあわせた活動だ。来月末までに10万食を目標に掲げる▲ちょうど新米の季節。会社での弁当や子どもとの昼ご飯、運動会や新幹線の車中から次々に写真が届いた。発案者の大宮千絵さんは「心が温かくなり、おなかもすいてきますね」と見ているだけで顔をほころばせた。すでに投稿は6万食分を超え、予想外の反響だ▲どんどん投稿が増えても寄付は10万食分の用意しかないのが残念でもある。多くの人が込めた思いがもったいない。20万円あれば1万食がまかなえるという。おにぎりの力をもっと生かしたい。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 森友学園 籠池夫妻、栄養士免許を二重に悪用
    2. 松山千春さん ANA機内で熱唱 出発遅れで申し出
    3. 夏の高校野球 広陵・中村が5本目の本塁打、大会最多タイ
    4. 人生相談 30歳上の彼と結婚すべき?=回答者・渡辺えり
    5. 夏の高校野球 中京大中京マネジャー、広陵を応援 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]