メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アプリ探検

(2)STYLER 店員とチャット、望んだアイテムが買える

スタイラー社の最高経営責任者の小関翼さん

 20代から30代、働いて使えるお金は増えるかわりに、自由になる時間は少なくなってくる。自分に合った服を買いたいが、店をいくつも回れない。ネットでは着こなしや着心地がよくわからない。かといって事前に店にいろいろ聞くのもハードルが高い。

 会話型コマース支援アプリ「STYLER」は、そうしたニーズに応えるために考えられた。ユーザーが「こんなアイテムが欲しい」と投稿すると、セレクトショップなどの店員が、その要望にあったアイテムを写真付きで推薦。ユーザーは、良さそうなアイテムがあれば、実際に店舗に足を運び、気に入れば購入する仕組みだ。

この記事は有料記事です。

残り1946文字(全文2212文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  4. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]