メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アプリ探検

(2)STYLER 店員とチャット、望んだアイテムが買える

スタイラー社の最高経営責任者の小関翼さん

 20代から30代、働いて使えるお金は増えるかわりに、自由になる時間は少なくなってくる。自分に合った服を買いたいが、店をいくつも回れない。ネットでは着こなしや着心地がよくわからない。かといって事前に店にいろいろ聞くのもハードルが高い。

 会話型コマース支援アプリ「STYLER」は、そうしたニーズに応えるために考えられた。ユーザーが「こんなアイテムが欲しい」と投稿すると、セレクトショップなどの店員が、その要望にあったアイテムを写真付きで推薦。ユーザーは、良さそうなアイテムがあれば、実際に店舗に足を運び、気に入れば購入する仕組みだ。

この記事は有料記事です。

残り1946文字(全文2212文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです