メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インサイド

東海大九州野球部の日々 熊本地震から半年/2 思い出詰まった寮を離れ

使えなくなった南阿蘇のグラウンドを前に、思いを語る東海大九州の南部監督。後方は阿蘇大橋をのみ込んだ土砂崩れ

 6月下旬のことだった。東海大九州野球部の南部正信監督(57)は鏡に映った自分の顔に驚いた。「『これは誰だ』と思った。何の感情も無い表情で、顔中の筋肉がこわ張っていた。随分、笑っていないことに気づいた」。コーチ時代も合わせると指導者歴は30年以上になる。しかし、4月の熊本地震以降、苦しみと不安の日々で笑顔を忘れていた。

 最大震度7の地震。南部監督は経験したことのない揺れを熊本県大津町の自宅で感じた。4月16日の本震で…

この記事は有料記事です。

残り809文字(全文1019文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タンザニア フェリー沈没130人超死亡 ビクトリア湖
  2. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  3. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  4. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです