メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インドネシア

国民に高い人気 就任2年ジョコ大統領

ジョコ・ウィドド・インドネシア大統領=2014年8月、平野光芳撮影

 【ジャカルタ平野光芳】20日で就任から2年を迎えるインドネシアのジョコ・ウィドド大統領(55)が国民の間で高い人気を保っている。世論調査の支持率は6割以上の高率で政治基盤を着々と固める。庶民が恩恵を実感できる経済発展やインフラ政策が2019年の再選に向けたカギとなりそうだ。

 民間の研究所が8月に実施した世論調査によると、ジョコ政権について66・5%が「満足している」と回答した。政権が推進する貧困層向けの医療保障や教育・福祉政策に評価が高く、支持拡大につながっている模様だ。インドネシア学術研究院のシャムスディン・ハリス教授は「ジョコ氏の人気をしのぐ政治家はおらず、3年後の再選の可能性が高まっている」と見る。

 ジョコ氏は元々経営者で地方政治家出身。クリーンな政治姿勢が庶民の人気を集める一方、中央政界での基盤がなく、当初は所属する闘争民主党の党首、メガワティ元大統領の「操り人形」になる恐れが指摘されていた。だが就任してみると、閣僚や高官の人事を通じてメガワティ氏の影響力を制御。最大野党ゴルカルを党の内紛を機に与党に取り込み、国会でも過半数勢力の確保に成功した。

 今後課題となるのが、政権が最重要政策に位置づけるインフラ整備だ。3500万キロワット分の発電所整備や、ジャカルタ−バンドン間(約140キロ)の高速鉄道建設、高速道路・港湾整備を目指すが、土地収用の遅れや資金不足から計画通りに進まないケースが多い。整備をスムーズに進め経済成長につなげていけるか、手腕が問われている。

 一方、ジョコ氏には、「開発独裁」のスハルト政権の崩壊(1998年)以降に政治キャリアを積んできた「民主化の申し子」として、人権や権利の擁護を期待する声が高かったが、現状では評価する声は少ない。過去の人権侵害事件でも真相究明に及び腰だ。関与が疑われる軍に配慮しているとの批判もある。公約だった先住民族の権利保護も取り組みが遅れており、先住民連合のアブドン・ナババン事務局長は「今後、ジョコ氏支持を見直す可能性もある」と不満を隠さない。

ジョコ政権の2年間

2014年10月20日 ジョコ氏、大統領に就任

  15年 3月23日 ジョコ氏が日本を訪問し安倍晋三首相と会談

        26日 中国を訪問し習近平国家主席と会談

      4月22日 ジャカルタでバンドン会議60周年記念の首脳会議を開催

      8月12日 内閣改造で経済政策にテコ入れ、閣僚級6人を交代

     10月26日 ジョコ氏が訪米し、オバマ大統領と会談

  16年 1月14日 ジャカルタで自爆テロ、30人以上が死傷

        21日 中国が受注した高速鉄道がジャワ島ワリニで起工

     10月20日 ジョコ氏就任から2年

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平昌五輪 和やかなフィナーレ 閉会式、選手77人参加
  2. 御堂筋線なんば駅 16キロ分天井ボード落下 漏水原因か
  3. 訃報 左とん平さん80歳=俳優 「時間ですよ」
  4. 裁量労働制 対象拡大反対の緊急デモ 1000人が訴え
  5. 本社世論調査 裁量労働制の対象拡大「反対」57%

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]