メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄ヘリパッド工事 「ぼけ、土人が」機動隊員が反対派に

大阪府警から派遣の20代 沖縄県警「不適切な発言だった」

 米軍北部訓練場(沖縄県東村、国頭村)の約半分の返還に伴うヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)の移設工事を巡り、現場の警備に大阪府警から派遣されている2人の20代の男性機動隊員が、工事への反対活動をしていた人たちに「どこつかんどるんじゃ、ぼけ、土人が」などと差別的な暴言を吐いていたことが分かった。沖縄県警が19日に「不適切な発言で、極めて遺憾」と事実関係を認めた。同県の翁長雄志(おなが・たけし)知事は強い不快感を示している。

 県警によると、18日午前9時45分ごろ、東村高江の工事現場付近で、市民ら数人が侵入防止のためのフェンスをつかむなどして抗議していたのに対し、機動隊員の1人が「どこつかんどるんじゃ、ぼけ、土人が」「触るな」と発言した。

 また同日午前9時半ごろ、工事現場付近で抗議する人たちから「目が血走っているぞ、交代しろ」などと言われた別の機動隊員が「黙れ、こら、シナ人」と発言した。

 暴言が出た当時の様子が動画投稿サイト「ユーチューブ」にアップされ、沖縄などで批判が高まり、県警が調べを進めていた。

 翁長知事は19日、県庁で記者団の取材に応じ、「(土人は)未開の地域住民を侮蔑する意味を含んだ言葉で、発言は県民としても知事としても言語道断で到底許されず、強い憤りを感じている」と述べた。知事は近く県警本部長に会って機動隊の適切な管理を求める。【佐藤敬一】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 財政審 「特例給付」廃止を提案 子育て対策充当に
  4. 日馬富士暴行 任意聴取で認める 診断医師は重傷否定
  5. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]