メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日ソ共同宣言60年

2島譲渡「軍事面を考慮」

セルゲイ・フルシチョフ氏=真野森作撮影

 1956年に日ソ共同宣言が調印されてから19日で60年となる。第二次大戦で敵対した両国の国交回復は日本の国連加盟に道を開き、抑留者の最終帰還を実現したが、北方領土問題は現在も解決していない。当時のソ連指導者、ニキータ・フルシチョフ共産党第1書記の次男で歴史家のセルゲイ・フルシチョフ氏(81)=米国在住=が毎日新聞のインタビューに応じ、ソ連側が東西冷戦下の安全保障の観点から対日交渉に臨み、宣言に明記された「歯舞、色丹の2島引き渡し」も軍事面を考慮した判断だったと指摘した。【クランストン(米ロードアイランド州)で真野森作】

 フルシチョフは53年3月の独裁者スターリンの死後、徐々に権力を掌握し「平和共存外交」を打ち出した。…

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1188文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです