メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北方領土交渉

思惑交錯、成果急ぐ日露首脳

 1956年の日ソ共同宣言から60年となる今年、北方領土問題を含む平和条約締結に向けた動きが進展するのかに関心が高まっている。安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領はともに問題解決への積極姿勢を示し、年内に予定している2回の首脳会談で成果を得たい考えだ。だが、日露双方の思惑は交錯しており、着地点はまだ見えてこない。【影山哲也、前田洋平、モスクワ杉尾直哉】

この記事は有料記事です。

残り2228文字(全文2405文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです