メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大元古墳群1号墳

後円部から埴輪列発見 大和朝廷と関係か 益田市教委 /島根

発掘調査で見つかった埴輪列=島根県益田市遠田町で、横井信洋撮影

 益田市教委は19日、県内で2番目に大きい前方後円墳とされる「大元古墳群1号墳」(益田市遠田町、全長88メートル)で、石室がある後円部から埴輪(はにわ)列が見つかったと発表した。埴輪の年代で4世紀末から5世紀初めと考えられていた1号墳の築造時期が確認できたという。埴輪は畿内の先進技術で作られており、当時の益田を治めていた首長が大和朝廷と密接な関係があったこともうかがわれるという。

 埴輪列は後円部東側の墳頂付近の発掘調査で見つかった。幅2メートルの範囲に約65センチ間隔で3列あり…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文719文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  2. 富士通 早期退職に2850人
  3. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです