メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平尾誠二さん死去…53歳 「ミスター・ラグビー」

平尾誠二さん

 華麗なステップでラグビーの神戸製鋼で7年連続日本一に貢献し、「ミスター・ラグビー」と称された平尾誠二(ひらお・せいじ)・神戸製鋼ゼネラルマネジャー(GM)が20日、死去した。53歳。日本代表監督として1999年の第4回ワールドカップ(W杯)を指揮した。

 平尾さんは京都市生まれ。伏見工高3年の時に主将として全国高校大会で初優勝。同志社大では1982年度からの大学選手権3連覇に貢献した。同大2年の19歳4カ月の時に、当時としては史上最年少で日本代表入り。86年に神戸製鋼に入社しSOやCTBを務め、1988年度からは大八木淳史や大西一平とともに新日鉄釜石に並ぶ日本選手権7連覇を達成した。

 特に3連覇までは主将を務め、監督を置かないチームの中で、練習方法や作戦などを中心となって企画。FWとバックスが区別なくボールをつないでいくプレースタイルなど独自の「神鋼ラグビー」を作り上げた。

 W杯には87年の第1回大会から3大会連続で出場し、第2回大会では主将を務め、日本のW杯初勝利に貢献した。97年2月に史上最年少の34歳で日本代表監督に就任。98年1月に現役引退した。2007年3月から14年3月までは神戸製鋼の総監督も務めた。キャップ(国・地域代表同士の試合の出場数)は35。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 延長戦で競り勝ち花咲徳栄 初の決勝戦進出
  2. 温泉施設 洗い場やジェットバスが泡だらけ いたずらか
  3. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 栃木県立宇都宮女子高/2 演劇も歌も 欲張り許容 渡辺江里子さん /東京
  4. 特集ワイド 田原総一朗さん、「政治生命を懸けた冒険」って? 「ミサイル」解決へ首相は動く 対北朝鮮、月内にもアクション
  5. 松山千春さん ANA機内で熱唱 出発遅れで申し出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]