メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

天皇陛下「退位」2018年の意向 数年前周囲に

「象徴としての務め」についておことばを表明される天皇陛下=宮内庁提供

 天皇陛下が宮内庁参与ら周囲に対し、「平成30(2018)年までは務めを果たしたい」などと話されていたことが分かった。陛下は生前退位の意向がにじむ今年8月のおことばの冒頭で「2年後には、平成30年を迎えます」と語っている。政府は18年をめどに退位を実現することを想定して法整備を進めている。

 関係者によると、陛下が参与らに初めて退位について相談したのは、76歳だった6年前の2010年7月22日。午後7時ごろに皇居・御所の応接室に当時の宮内庁の羽毛田信吾長官や川島裕侍従長、参与らが集まり、皇后さまも出席した。陛下は「80歳までは天皇を務める」と切り出し、「天皇の務めを十分果たせないような事態に至る前に譲位したい。自分は上皇になる」と述べた。この時は「譲位」という言葉を使い、「退位」ではなかったという。出席者は驚き、「陛下以外の天皇は考えられない」などの意見も出た。

 参与らの会議は通常午後10時半ごろに終わるが、その日は深夜に及んだ。応接室には時計がないため侍従が時刻を書いた紙を陛下に手渡したが、陛下は「まだまだ」と語り会議を続けた。天皇に代わって公務を行う摂政制度を勧める出席者もいたが、陛下は「摂政ではだめだ。天皇というものは何人によっても代行することはできない」と強く否定した。皇后さまは当初は退位に慎重だったが、次第に陛下の考えに同意されたという。

 会議では結論は出なかったが、その後も陛下の意向は変わらなかった。国事行為の臨時代行を置く案については「同じことを言っても天皇が言うのとは違う」と認めず、負担軽減について「天皇としての務めを果たしているから、その緊張感をもってやれている」と漏らしたこともあった。関係者は「陛下は10年7月には80歳までと語っていたが、その後平成30年までは頑張りたいとおっしゃっていた。退位のお気持ちは変わらないと感じた」と話している。陛下は少なくとも数年前から18年の退位を念頭に置いていたとみられる。政府は来年の通常国会での法案提出を目指す。【桐野耕一】

ことば「宮内庁参与会議」

 皇室の重要事項について、天皇、皇后両陛下、相談役である参与、宮内庁幹部らが意見交換する非公開の会議。戦後に設置され、2カ月に1回程度の頻度で開かれる。現在の参与は5人で、元同庁長官の羽毛田信吾▽元侍従長の渡辺允▽前最高裁長官の竹崎博允▽元警察庁長官の国松孝次▽元検事総長の原田明夫−−の各氏。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです