メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

天皇陛下「退位」2018年の意向 数年前周囲に

「象徴としての務め」についておことばを表明される天皇陛下=宮内庁提供

 天皇陛下が宮内庁参与ら周囲に対し、「平成30(2018)年までは務めを果たしたい」などと話されていたことが分かった。陛下は生前退位の意向がにじむ今年8月のおことばの冒頭で「2年後には、平成30年を迎えます」と語っている。政府は18年をめどに退位を実現することを想定して法整備を進めている。

 関係者によると、陛下が参与らに初めて退位について相談したのは、76歳だった6年前の2010年7月22日。午後7時ごろに皇居・御所の応接室に当時の宮内庁の羽毛田信吾長官や川島裕侍従長、参与らが集まり、皇后さまも出席した。陛下は「80歳までは天皇を務める」と切り出し、「天皇の務めを十分果たせないような事態に至る前に譲位したい。自分は上皇になる」と述べた。この時は「譲位」という言葉を使い、「退位」ではなかったという。出席者は驚き、「陛下以外の天皇は考えられない」などの意見も出た。

 参与らの会議は通常午後10時半ごろに終わるが、その日は深夜に及んだ。応接室には時計がないため侍従が…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?
  3. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  5. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです