メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布施広の地球議

米大統領の「夫人力」

 もしかして大統領候補の最後の討論会(19日)の前に、この人が決着をつけたのかもしれない。ミシェル・オバマ米大統領夫人の13日の演説は素晴らしかった。気分爽快になった女性たちは多かっただろう。

 「有名人なら女性に何でもできる」。米紙が報じた共和党の大統領候補トランプ氏の発言。同氏は「更衣室の会話」の類いと釈明したが、弁護士でもあるミシェル夫人は許さなかった。口にするのも汚らわしいのか「トランプ」の名は出さず、「米国の大統領候補が女性を性的に襲ったことを自慢したのだ」と非難した。

 「私たちは息子たちに『女の子を辱めてもいいのよ』と言い、娘たちには『女はそう扱われるものなの』と言…

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1169文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  3. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  4. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  5. 風知草 バイカル湖に寄せて=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです