メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡・予算編成

公共事業、効率化に課題 財政審、補正の「抜け道」指摘

 財務省は20日、財政制度等審議会を開き、2017年度予算編成に向け、公共事業関連予算の議論を始めた。公共事業費は当初予算ベースでは00年代以降減少傾向が続いてきたが、近年は景気対策を名目に補正予算で積み増すことが繰り返されている。財務省は効率化を目指すが、補正という「抜け道」をふさげるかが問われている。

 「公共事業を量で評価する時代ではない」「少ない費用で大きな効果を出せるようにすべきだ」。この日の審…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文732文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イタリア 高速の高架橋崩落で35人死亡 車20台落下か
  2. 名大・旧制高 「クラス日誌」公開 理系生徒、戦時の本音
  3. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  4. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
  5. キャンベルさん 同性愛公表 自民議員発言に「危惧」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです