メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本学生フィギュアスケート選手権に出場した中塩美悠さん=東京都東大和市で2016年10月15日、佐々木順一撮影

 本格的にシーズンが始まり、9月下旬に中四国九州ブロック大会を終えました。この試合で何が一番悔しかったか。それは、面白くもなんともないフリープログラムをやってしまったことです。そういえば、1年前のスケートアメリカ(グランプリシリーズアメリカ大会)の後にも同じような、未消化の悔しい気持ちを味わったように思います。1年間私は何をしていたのか?と、ここで自分を責めたいところですが、責めたところで余計に自尊心が失われていくだけなので、次に行きましょう!

 まず、ジャンプの構成を変えました。3T+3T(3回転トーループの連続ジャンプ)は私の十八番です。最…

この記事は有料記事です。

残り1154文字(全文1428文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです