メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米海軍

「航行の自由」作戦 米「国際法の権利守る」 中国は非難

トリトン島(中国名・中建島)とウッディー島(同・永興島)

 【ワシントン会川晴之、北京・石原聖】米海軍のイージス駆逐艦が21日、南シナ海で中国が実効支配する西沙(英語名・パラセル)諸島で実施した「航行の自由」作戦に関し、アーネスト米大統領報道官は同日の定例会見で、「国際法の下、すべての国の(航行の)自由と権利を守るため」と説明した。

 米国防総省によると、この作戦ではイージス駆逐艦「ディケーター」がトリトン島(中国名・中建島)とウッディー島(同・永興島)の沖の海域を航行した。国際法上の領海である12カイリ(約22キロ)以内の海域には入らず、中国が「領海」と主張する領海基線の内側を航行した。

 中国国防省の呉謙報道官は同日「領海に許可なく進入する重大な違法行為で故意の挑発だ」と非難、米国側に…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文703文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 競泳・萩野公介、スペインでの高地合宿参加取りやめ
  3. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです