メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自衛隊殉職隊員追悼式に参列

自衛隊殉職隊員追悼式で弔辞を述べる安倍晋三首相=防衛省で2016年10月22日午前10時11分(代表撮影)

 安倍晋三首相は22日午前、防衛省で行われた自衛隊殉職隊員追悼式に参列した。首相は「尊い犠牲を無にすることなく、ご遺志を受け継ぎ、国民の命と平和な暮らしは断固として守り抜く。世界の平和と安定に貢献するため全力を尽くす」と弔辞を述べた。

     式では、4月に鹿児島県で起きた航空自衛隊機墜落事故で死亡した6人を含め昨年9月から1年間に公務で亡くなった隊員31人を追悼。名簿を慰霊碑に奉納した。稲田朋美防衛相も参列した。殉職隊員は前身の警察予備隊が発足して以降計1909人となった。【梅田啓祐】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 豊田衆院議員 暴言「高速逆走が原因」会見で自民・細田氏
    2. 稲田氏 都議選応援「自衛隊としてお願い」発言後に撤回
    3. ネット音声公開 豊田議員?「私の心をたたいている…」
    4. 森友問題 保育士「休園でよい」服従…子どもは限界だった
    5. 3県境 群馬、栃木、埼玉…境界線確認、新観光スポットに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]