メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄「土人」暴言

29歳巡査部長と26歳巡査長を戒告

大阪府警が懲戒処分 「警察の信用を著しく失墜」

 沖縄県にある米軍北部訓練場のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)移設工事現場で、大阪府警から派遣された男性機動隊員2人が「ぼけ、土人が」などと暴言を吐いた問題で、府警は21日、不適切な発言だとして、いずれも警察署勤務の巡査部長(29)と巡査長(26)を戒告の懲戒処分にした。

 府警によると、不適切な発言だけで懲戒処分にしたのは初めてで、「警察の信用を著しく失墜させ、社会的反響が甚大だ」と理由を説明した。

 処分理由は18日午前、警備にあたっていた訓練場の工事現場で、工事に反対する市民らに対し、巡査部長は「どこつかんどんじゃ、ぼけ。土人が」と、巡査長は「黙れ、こら、シナ人」と不適切な発言をしたとしている。

 巡査部長は「つい口に出た」と、巡査長は「その場で飛び交っていた言葉を使ってしまった」などと府警に説明。2人ともそれぞれの言葉の差別的な意味を知らなかったと述べ、「本当に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 監督責任を問い、現場の直属の上司だった男性警部(41)を口頭注意とした。

 高木久・府警監察室長は「発言は誠に遺憾で厳正に処分した。今後このようなことがないよう指導を徹底する」とコメントした。【堀江拓哉】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネモフィラ 空色に染まる広場 岐阜・可児
  2. 将来推計 埼玉の人口、2045年に74万人減 対策急ぐ
  3. 野党 セクハラ疑惑に抗議 黒い服で「#MeToo」
  4. 関越道 トレーラー横転、2台が追突 男性重傷 埼玉
  5. AV問題 女優が語った本音 新ルールで変わる撮影現場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]