メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『黄犬ダイアリー』 著者・キーン誠己さん

キーン誠己さん

『黄犬(キーン)ダイアリー』

 (平凡社・1620円)

文化・芸術を愛する父子の日常 キーン誠己(せいき)さん

 今思えば、その出会いは必然だったのだろう。

 10年前の晩秋のことだ。当時新潟に住んでいた著者は、本書の共著者で、後に養父となるドナルド・キーン米コロンビア大名誉教授が出演する催しの楽屋を、古典の教えを請うために突然訪ねた。<てっきり出番を知らせに来た係の人だと思った>とキーンさんは振り返っている。

 しかし、三味線弾きとして大阪・人形浄瑠璃文楽座で25年間、「五世 鶴澤淺造(あさぞう)」を名乗って…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文949文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  2. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  3. 3分遅刻の結果は5時間中断 桜田氏「心から深くおわび」 衆院予算委
  4. 「とても驚いた」「ぎょっと…」夜間の大揺れに厚真町民 北海道地震
  5. 体長3.4mダイオウイカ死骸 河口に 島根・浜田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです