メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インサイド

東海大九州野球部の日々 熊本地震から半年/5止 野球ができる さあ再出発

日が落ちたグラウンドで自主トレをする東海大九州の広瀬

 明治神宮大会出場をかけた南部九州地区予選で敗れてから4日。熊本市東区の熊本キャンパスの中にある臨時のグラウンドは闇に包まれていた。その中で東海大九州野球部の広瀬隆哉(3年)は厳しい表情だった。「0−1で負けた悔しさは1年間忘れることはない。地震があって、野球ができる幸せを感じた。だからこそ、1秒たりとも無駄な時間はない」。4年生が抜けた新チームが始動した。

 広瀬は4月の熊本地震の後、福岡県筑後市の実家に避難した。そこでは自室に閉じこもりがちだった。「怖く…

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文988文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
  3. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです