メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

13日ぶり救助 53歳男性、わき水飲み 奈良

発見場所

 奈良県天川村の弥山(みせん)(1895メートル)に登山に入った島根県土木部長、冨樫篤英さん(53)=松江市内中原町=が今月9日朝から行方不明になり、22日正午ごろ、弥山山頂から北西約4キロの栃尾辻近くの登山道にいるところを13日ぶりに登山者の男性(48)が発見した。冨樫さんは奈良県のヘリコプターで病院に搬送され、衰弱しており、腰などの骨を折っていた。奈良県警吉野署によると、冨樫さんは「わき水を飲んで過ごし、滑落した(崖の)下からはい上がってきた」などと話しているという。

     吉野署によると、発見した登山者の男性が声を掛けると、冨樫さんは「2週間ほど遭難していた。たった今、下からはいあがってきた」と話し、男性が持っていたおにぎり2個を手渡すと食べたという。冨樫さんは9日に滑落し、2日ほど体が痛くて動けず、3日目に近くにあったわき水を初めて飲んだ。21日になり痛みが和らぎ、天気もよくなったので、山を登り始めたという。ヘリで救助に当たった県防災航空隊によると、冨樫さんは「2週間ほど何も食べていない」と話したという。

     冨樫さんは8日に天川村の登山口から単独で入山したとみられ、9日朝に山頂近くの弥山小屋を出発後、連絡が取れなくなった。家族が11日に奈良県警に届け出て、吉野署などが捜索していた。

     島根県によると、冨樫部長は登山が趣味で、県庁でも山登りの写真を部下に見せたりしていたという。冨樫部長は国土交通省から出向し、2013年に県土木部次長、14年に県土木部長に就任した。【日向梓、栗栖健、根岸愛美】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 京都府警 置き忘れかばんの顔写真、LINEに投稿される
    2. ピコ太郎 3月6日に武道館でライブ開催 「やることに意義ある」
    3. 皇室 皇后さま82歳 「生前退位」に衝撃
    4. 日本将棋連盟 谷川会長、辞任を正式表明 記者会見で
    5. トランプ氏 セクハラで提訴 ホスト務める番組に出演女性

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]