メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未知の断層が原因 政府調査委見解

今回地震を起こしたと推定される断層

 政府の地震調査委員会は22日、臨時会を開き、鳥取県中部の地震は「これまで知られていない長さ10キロ以上の断層がずれて起きた」とする見解を示した。

 調査委は今年7月、中国地方の活断層を対象に、今後30年以内にマグニチュード(M)6.8以上の地震が起きる確率を公表。同県など北部区域の確率を40%と高く算定していた。

 北部区域にはM7以上の大地震を起こす恐れがあるとされる長さ20キロ以上の主要活断層はないが、M7級の鳥取県西部地震も同様に地震前に断層の存在が知られていない場所で起きた。委員長の平田直・東京大地震研究所教授は「地表に活断層が現れていなくても、被害を及ぼす地震が起こる可能性は全国どこでもあるが、中国地方の北部区域はその典型的な例といえる」と話した。【飯田和樹】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 失禁 5人に1人「便」経験 男性、20~30代やや多く
  2. 東大 セックスでの同意とは…「キャンパスレイプ」なくせ
  3. 船橋市 公園でのボール遊び解禁に向け再試行
  4. 高齢ドライバー 死亡事故、年400件超 踏み間違いなど
  5. コンゴ 「レイプが兵器」実情知って 実録映画公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]