メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若草プロジェクト

若い女性支えるネットワーク設立

女の子の生きづらさについて語る漫画家の沖田×華さん(左)=東京都渋谷区の青山学院大で、山崎友記子撮影

 貧困や虐待などに苦しむ若年女性を支えるネットワーク「若草プロジェクト」の設立記念シンポジウムが22日、東京都内で開かれた。性的被害を受けても相談できないなど、少女たちの深刻な状況が報告され、約150人の参加者は支援の必要性を改めて確認した。

     呼びかけ人代表の作家、瀬戸内寂聴さんはビデオメッセージで「自由に生きているようにみえても、人に言えない苦しみを抱えている若者が大勢いる。力を貸してほしい」と呼びかけた。

     「生きづらさを語る」と題した対談では、女の子の困難さを描いている漫画家の沖田×華(おきたばっか)さんが、産婦人科でアルバイトした経験から「10代の中絶が多い。親にも責められ、助けてくれる人もなく一人で傷ついている」、少女たちの支援活動をするNPO法人「BONDプロジェクト」の中村恵里奈さん(23)は「援助交際をする子には、親から愛情を得られず孤独が理由の子も多い」と話した。【山崎友記子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
    2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
    3. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
    4. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
    5. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]