メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田部井さん死去

女性登山家に道開く 7大陸の「頂」踏む

エベレストの頂上で日の丸を掲げる田部井淳子さん=1975年5月(女子登攀クラブ提供)

 国内外の数々の高峰の登頂に成功した登山家の田部井淳子さんが20日、亡くなった。女性登山家の草分けで、今年に入っても山登りを続け、生涯現役を貫いた。人なつこい笑顔でだれからも慕われ、テレビや著作を通して登山の普及や大衆化にも貢献した。

 小学4年の時、栃木・那須連峰に登ったことが登山家としての原点。「自分の足で頂上までたどり着いたのは強烈な印象だった」という。東京の昭和女子大に進学したが、なまりがコンプレックスで人と話すことができなくなってしまう。心配した友人に誘われ、定期的に山に出かけるようになった。

 遠征費用がなかなか集まらず、準備に4年を要して、1975年にエベレスト(ネパール)登頂に成功した。…

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1213文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです