メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐治博士のへえ〜そうなんだ!?

/107 言葉に秘められた意味 /愛知

音素の融合体「日本語」

 古池や蛙(かわず)飛び込む水の音(芭蕉)

 俳句といえば真っ先に思い浮かぶほど有名な句ですが、みなさんはどういう情景を思い浮かべますか? こけむした古い池の中に1匹の蛙が飛び込み、かすかな音をたてる。波紋が広がり、その音はしだいに静寂の中にのみこまれ……と、こんな感じではないでしょうか。つまり静けさです。でも不思議なことに、この句に「静けさ」という単語は一つも入っていません。

 最近になって、金子みすヾに代表される童謡詩人たちの作品や、神道で奏上される大祓祝詞(おほはらへのこ…

この記事は有料記事です。

残り1130文字(全文1380文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 他人のカードで1億円引き出し 池袋署が窃盗容疑で女逮捕
  3. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  5. 沼田 現金4251万円持ち主名乗り続々 お宝騒動再び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです