メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐治博士のへえ〜そうなんだ!?

/107 言葉に秘められた意味 /愛知

音素の融合体「日本語」

 古池や蛙(かわず)飛び込む水の音(芭蕉)

 俳句といえば真っ先に思い浮かぶほど有名な句ですが、みなさんはどういう情景を思い浮かべますか? こけむした古い池の中に1匹の蛙が飛び込み、かすかな音をたてる。波紋が広がり、その音はしだいに静寂の中にのみこまれ……と、こんな感じではないでしょうか。つまり静けさです。でも不思議なことに、この句に「静けさ」という単語は一つも入っていません。

 最近になって、金子みすヾに代表される童謡詩人たちの作品や、神道で奏上される大祓祝詞(おほはらへのこ…

この記事は有料記事です。

残り1130文字(全文1380文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2 予定通りリュウグウ到着へ 軌道制御に成功
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. 小林麻央さん 麻耶“お願い”、海老蔵と交際などの「報道出ないよう見守って」 偲ぶ会でスピーチ(スポニチ)
  5. LCC 「成田-東南アジア」開設続々 「中長距離」競争激化へ 日航や全日空巻き込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]