メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プリンセス駅伝

宮崎銀行19位と健闘 後藤選手が区間2位 「来年こそ全国に」 /宮崎

宮崎銀行4区の鬼塚選手(右)にタスキをつなぐ3区の宇都宮選手=和田大典撮影

 23日に福岡県宗像・福津両市で開かれた第2回全日本実業団対抗女子駅伝予選会「プリンセス駅伝in宗像・福津」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社など共催)で、県勢の宮崎銀行は2時間23分56秒の19位で、全日本大会の出場権(上位14位以内)には届かなかった。ただ最下位だった昨年よりタイムを5分以上縮め、約280人の応援団は「来年こそ全国に」と夢を膨らませた。

 1区の中村祐希主将(21)は流れを作ろうと臨んだが「3キロを過ぎると苦しくなった」とじりじり後退し…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文524文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  3. 日大チア 監督「退部許さぬ」 女子部員「自殺考えた」
  4. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  5. 夏の高校野球 準決勝見どころ 実力十分の大阪桐蔭と済美

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです