メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プリンセス駅伝

宮崎銀行19位と健闘 後藤選手が区間2位 「来年こそ全国に」 /宮崎

宮崎銀行4区の鬼塚選手(右)にタスキをつなぐ3区の宇都宮選手=和田大典撮影

 23日に福岡県宗像・福津両市で開かれた第2回全日本実業団対抗女子駅伝予選会「プリンセス駅伝in宗像・福津」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社など共催)で、県勢の宮崎銀行は2時間23分56秒の19位で、全日本大会の出場権(上位14位以内)には届かなかった。ただ最下位だった昨年よりタイムを5分以上縮め、約280人の応援団は「来年こそ全国に」と夢を膨らませた。

 1区の中村祐希主将(21)は流れを作ろうと臨んだが「3キロを過ぎると苦しくなった」とじりじり後退し…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  2. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定
  3. 世界最高齢男性 足寄町の野中正造さん113歳 長寿の秘訣は「マイペース」 /北海道
  4. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです