メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

未明の街から詩を=酒井佐忠

 筒井富栄(とみえ)という歌人がいた。「軽音楽があるように軽短歌というものがあっていい」との考えで、近代短歌の「重さ」を克服しようとした。都市的感覚で短歌と「詩」の境界をいく新鮮さが魅力。1960年代後半の短歌界にいち早く口語調のライトバースを取り入れた。だが、決して内容が軽いわけではない。病や育児など現実をのりこえる詩的発想から生まれたものだ。「歌の伝統の中から異質なポエジーが形象化された」(師の加藤克巳)のである。

 いま手元に『筒井富栄全歌集』(六花書林)が届いた。第一歌集『未明の街』から『風の構図』まで、さらに…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文578文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです