メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「みんながいてよかった。ぼくもいてよかった。ぼくもぼくでよかった」

 絵本「カーくんと森のなかまたち」(絵・夢(む)ら丘(おか)実果、文・吉沢誠、ワイズ・アウル刊)で、主人公のホシガラスのカーくんが最後に言うせりふ。読み聞かせの出前授業で、夢ら丘さんの語りを聞きながら、児童たちはホッとした表情を浮かべていた。

 自分はみんなに比べてダメだと思ったカーくん。しかし、周囲の動物たちから自分の良さを気づかされる。生…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文452文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 健康保険組合
  2. 健保組合 23%で解散の恐れ 高齢者分の負担増大
  3. 男性教諭 酔って家庭訪問 ばちで児童殴打 大阪・懲戒
  4. 盗撮容疑 小学校長逮捕 女子高生のスカート内撮影
  5. セクハラ疑惑 国会で黒服抗議 女性記者へ連帯示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]